Return to site

国立科学博物館・巡回ミュージアムin岩手

「進化の影と光ー古生代の大量絶滅と回復ー」

開催要項

久慈琥珀博物館会期

平成28年12月9日(金)~平成29年2月26日(日)

※会期中休館日 12月31日、1月1日

この巡回ミュージアムは、文部科学省委託事業「博物館ネットワークによる未来へのレガシー継承・発信事業」の一環として、国立科学博物館と岩手県内の博物館等が協同して、岩手県立博物館で実施した企画展の一部を巡回するものです。

岩手県では、古生代末期(約2億5000万年前)に起こった生命史上最大の大量絶滅を記録する、世界的にも重要な地層が発見されています。また、県内には、古生代中期以降のあらゆる地質時代の地層が分布し、そこから様々な化石が産出されています。

この巡回ミュージアムでは、当時生きていた生物のじつに9割以上が絶滅したという、この古生代末期の大量絶滅を中心に、古生代に起きた3度の大量絶滅と岩手県の関わりについて紹介します。また、今この時代に絶滅が危険視されている生物たちも同時に紹介し、それらの生物たちを守るために私たちに何ができるかを、展示を通して考えていただければ幸いです。

■久慈琥珀博物館会期中イベント

●平成28年12月10日(土)

岩手県立博物館の学芸員による大量絶滅に関するお話 及び 展示解説

地球の歴史上で生じた大規模な大量絶滅について、岩手県立博物館の専門の先生から詳しくお話をききましょう!!

講 師/望月貴史(もちづきたかし)先生

時 間/13:30~14:30

会 場/久慈琥珀博物館 新館1改エントランスホール 及び 企画展示室

参加料/無料(入館料が必要となります。)

●平成29年1月14日(土)

化石レプリカ作り

化石のレプリカをつくろう!!冬休みの自由研究にも!!

時 間/①10:00~②11:00~③13:30~(各回15分程度の体験です)

会 場/久慈琥珀博物館敷地内 リトアニア館休憩室

参加料/無料

定 員/各回15名程度(予約優先)

●平成29年2月12日(日)

ステゴサウルスたちと遊ぼう!!恐竜3Dぬりえ

君が塗った恐竜イラストがパソコンの中で3Dになって動き出す!!恐竜と一緒に記念撮影もできます。

時 間/①10:00~②11:00~③13:30~

会 場/久慈琥珀博物館敷地内 リトアニア館休憩室

参加料/無料

定 員/各回15名程度(予約優先)

■シールラリーの旅!

シールを3枚集めてプレゼントをもらおう!

「国立科学博物館・巡回ミュージアムin岩手」の実施施設や、三陸ジオパークの拠点施設で古生代の生き物シールがもらえます。シールが3つ集まったら、各配布場所ですてきなプレゼントを差し上げています。三陸のいろんなジオサイトにも行ってみましょう!

【※お知らせ】

台風10号の被害が大きかった岩泉町では、当面シールの配布を中止しております。

配布を再開いたしましたらこちらのページにてお知らせいたします。

また、釜石市立鉄の歴史館は、平成28年12月11日(日)より会期終了まで休館となり、ご利用いただけなくなりますのでご注意ください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly