サイトへ戻る

新種のカメ類化石

「アドクス・コハク」

岩手県久慈市の琥珀採掘体験場から発見!恐竜時代の白亜紀後期の新種のカメ類化石

アドクスとは、現在のスッポンの仲間(スッポン科)に近縁な絶滅したカメ類であるが、外見は鱗がある普通のカメに似ている。 アドクス・コハクは、東北地方から報告された初めての新種のカメ類である。 岩手県久慈市の久慈層群玉川層(約9000万年前)から発見された新種のカメ類アドクス・コハク。 「アドクス・コハク」のコハクという種名は、玉川層から多産する琥珀に因んでいる。 実際に、現在も琥珀採掘体験場からは琥珀と一緒に脊椎動物化石が発見されています。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK